アラサーの悩み

過度なストレス 現代社会を生き抜くためには辛すぎる!知っておきたいストレス症状

Pocket
LINEで送る

現代社会は年々、生きずらくなっています。SNSや干渉のせいで知らないうちにストレスを溜め込んでいます。

道端で、小さな6歳くらいの子が、弟の面倒をみていました。

6歳のお姉ちゃんは、母親にしっかり見ているようにと注意を受け、弟に「迷惑かかるから静かにしてっ。」

と注意をしていました。おかしいですよね。

6歳よりもはるかに小さな子は、まだまだ無邪気に、自由に遊びたい年代です。

そんな子相手に、「迷惑」という言葉を使うなんて…

そして、6歳であるお姉ちゃんに迷惑がかかるからと、気を遣わせてしまう世の中になってしまったんです。

 

知らず知らずのうちに私たちは、過度のストレスを抱えながら毎日を過ごしています。

自分なりのストレスの症状を知っておくことで、体調に合わせて、休憩したりリフレッシュしたり、

自分のリズムで過ごしていけると思います。ストレスの症状は人それぞれなんです。

大きな病気が隠されていることもあるので、長引く場合や、いつもより重症だったり、異変を感じたら受診をお勧めします。

不眠

いくら寝ても寝た実感がない。5分くらい経ったと思ったら6時間経っていた、なんて経験ありませんか。

または、まったく眠れない。夜になっても気持ちが高揚している、動機がとまらない。

悪夢を見そうで恐怖で眠れない、など睡眠に対してのなんらかの弊害もストレス症状の一つになります。

便秘、下痢

医学的に便秘の定義は3日以上排便が見られなかった場合を便秘といいます。

しかし、毎日快便だった人が、2日出なかった場合でも、その人にとっては便秘だといえます。

下痢が続く、過敏性大腸炎の方もいますよね。中には365日中300日は下痢って人も聞いたことがあります。

 

いつものルーティンが、いつもじゃなくなった時、それもストレス症状の一つです。

生理不順

体と気持ちは繋がっています。不思議なもので、大きなストレスがかかっている間はまったく生理の兆候すらないのに、

そのストレスから開放された途端に生理がやってきたりします。

私は社会人1年目の頃、金曜日の帰宅時間に生理になることが多かったです。

金曜日の夜は、岩盤浴やサウナでゆっくりする、という楽しみを持っていたので、気分はブルーでした。

でも健康って大事だな、と生理が訪れる度に思っていました。

食品添加物過剰反応

普段食べているコンビニ食や、ジャンクフードでも、ストレスを感じているときは体も弱っています。

食品添加物や冷凍食品など防腐剤の含まれたものに過敏に反応するようになります。

私の場合は、ジャンクフードのフライドポテトでお腹を下し、コンビニ食は口の周りが赤く腫れ、顔中が痒くなります。

ひどい時には、腕と首周りに蕁麻疹がでます。

普段はなんともなく、おいしく食べているからこそ こんな時は辛く感じます。

指先の振るえ

胸がドキドキしたりすることもあります。指先の振るえというのは、筋トレや重い物を持ったあと、

痺れているような、左右に小刻みに動いたりしませんか。あの時の揺れのような感覚です。

私はこれが頻回に起こりました。字を書いたり、付箋を1枚取ったりするのが難しくなりました。

大きな病気(脳疾患、整形疾患)が隠れている場合もあるので、心配であれば受診をすることをお勧めします。

私の場合は、これも自律神経失調症の一つである と言われたので安心しましたが、、、。

四肢、体幹の蕁麻疹

痒みはないけど、皮膚の下のあたりが迷彩柄のように赤くなっていることがあります。

体を洗ったり、着替えたりするときにたまたま見つかります。

私は夏になったことがあり、周囲から嫌な顔をされました。

半袖を着ていれば、すぐに目立つくらいの赤みです。

「移さないで」とばい菌扱いされたこともありました。

怖くなったので病院に行くと、「自律神経失調症」と診断され、塗り薬をもらいました。

これで思いだしましたが、小学生の頃にも同じ症状がありました。

手のひらにボチボチができ、すごい痒みがあったので、流行性の手足口病だと思い受診しました。

結果は同じく「自律神経失調症」で塗り薬を処方。

私の場合は、もともとそういう体質だったのかもしれませんね。

頭皮の痒み

毎日シャンプーしているにもかかわらず、痒い。

→痒いとフケがでる→皮膚が傷つく→皮がめくれ血が出る→洗い流す→乾燥→痒み→フケが出る.∞

悪循環に陥ります。私も生え際などは、皮がめくれ出血していました。湯を当てるのも沁みる。

痒くても掻かずに、押さえたり、冷やしたりして、できるだけ頭皮を傷つけないようにして下さい。

 

たまには、ゆっくり湯船に浸かったり、アロマキャンドルを炊いたりなど、自分のために贅沢な時間を過ごしてあげてください。

人生はまだまだ長いので、うまく付き合っていくことが、ストレスに対してストレスを抱えないコツです。

症状が分かれば、あとはストレスの周期のようにたまにやってきます。

そのときには、「あ、ストレス感じてるんだな。セーブしよう」って気持ちを楽にして

ストレスと付き合っていくことをおすすめします。

6歳の子ですら、生きにくい世の中になっちゃったんですね。なんか寂しいような悲しいような。。。

Follow me!

関連記事

  1. man

    アラサーの悩み

    これだけは気をつけろ!~アラサー女性の失敗しない男選び~

    飲み会や合コン、ナンパ、イベント事、いろいろな場所で出会う機会は多いで…

  2. アラサーの悩み

    甘酸っぱい青春~日常生活の中でアラサーが出会う青春物語~

    学生の頃は、ろくな恋愛をしてきませんでした。…

  3. アラサーの悩み

    アラサーのストレス解消方法

    仕事や家事、育児、人間関係、、、長く生きれば生きるほど悩みも増え、スト…

  4. free
  5. アラサーの悩み

    これだけは気をつけろ!~時間を無駄にしない合コン男の選び方~

    新しい出会いを求めて行動するのは少し勇気がいりますよね。それに…

  6. PRESENT

    アラサーの悩み

    女性の贈り物はこうして選べ!!女性の本音

    誕生日やクリスマスに贈り物を選ぶのって楽しいですよね。相手のこ…

にほんブログ村

カレンダー

2018年10月
    11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 悩む10代の君へ

    君の知らない世界。「引き寄せの術」嫌いな人も好きな人も自分次第で離れたり、くっつ…
  2. univercity

    悩む10代の君へ

    なぜ大学に行くのか。なぜ学ぶのか。その答えはここにある! 進路に迷った10代の君…
  3. PRESENT

    アラサーの悩み

    女性の贈り物はこうして選べ!!女性の本音
  4. ローカル旅 ~国内~

    秋川渓谷
  5. アラサーの悩み

    これだけは気をつけろ!~時間を無駄にしない合コン男の選び方~
PAGE TOP