pride

未分類

アラサーのいらないプライド ~サービス業だからこそ愛嬌が大事なのに疲れてしまった、燃え尽き症候群のあなたへ~

Pocket
LINEで送る

サービス業は、燃え尽き症候群になりやすい。

幼いころ、手伝いをすることで褒められ、お駄賃をもらっていた。

雑用でもなんでも、日常の中で奴隷がするようなことを率先して行うことで、褒められ、収入を手にする。

そして、その収入を手の中に握りこんで、我が勝者 のようにお菓子を買いに行った。

必要のない仕事をつくり、あげる予定のなかった金銭が移動する。

サービス業を考えると、この褒められお駄賃 のエピソードを思い出してしまう。

 

サービス業、医療系、介護系、教育系、は燃え尽き症候群になる率が多いと言われている。

 

誰のためにやっているのか。

 

突然足が止まり、これまでの自分を振り返る。

燃え尽き症候群になりやすいと言われている職業の中でも、

自分の出世のため、自分の研究のため、と自分を中心に考えている人はなりにくい。

報酬も同じである。

報酬の大きさは人の気持ちを変える。いくらサービス業であっても報酬が多いものについては例外である。

 

サービス業は、

対象のためを想い、誠心誠意込め対応する。懸命に向き合うことで、期待通りの結果にならなかったときは、怒りさえ覚える。

そして、何を目標にしていきたのか 分からなくなる。本来は目の前の対象の満足のためにやっているはずなのに…

この考えに至るのは、十分な報酬をもらっていないことが原因の一つでもある。

報酬は大きければ大きいほど、執着するものがはっきりしてくる。

自分の目の前のことに、目的など置かなくなる。ただの手段にすぎないのだ。

お金があることで、選択肢も広がる。より今の仕事にこだわる必要もなくなり、気楽な思いで向き合うことができる。

そして好循環が生まれるのだ。

 

つまり、サービス業の人は出世・報酬のためだけに目の前の対象に尽くしていけばよいのだ。

もっともっと先を見て、取り組めばいいのだ。

そうすれば、対象への期待も減り、寛容になる。自分への期待とプレッシャーだけ残り、戦うのは自分自身になるのだ。

スキルや知識を付けようとすることは、対象にも良いことである。決して害になることはない。

 

そして、何のためにしているのか、と自分を見失うことはない。心無い言葉を相手にぶつけることも減るのではないか。

 

この世は、 誰かの犠牲によって、誰かが救われている、誰かが得をしているわけではない。

 

燃え尽き症候群になる人ほど、自分の利益の有無で行動してみるべきだ。

そんなに頑張れる人ならば、素晴らしい人間のはずだから。

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 悩む10代の君へ

    君の知らない世界

    今の君にがまだ、見えない世界が沢山ある良い…

  2. man

    アラサーの悩み

    これだけは気をつけろ!~アラサー女性の失敗しない男選び~

    飲み会や合コン、ナンパ、イベント事、いろいろな場所で出会う機会は多いで…

にほんブログ村

カレンダー

2018年10月
    11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. star

    ローカル旅 ~国内~

    お満天の星空が見たい!! ~遠出はできないけど週末はゆっくりしたいあなたに~
  2. free

    アラサーの悩み

    アラサーのいらないプライド 社会の歩き方 ~世当たり上手は成功する・想い通りにう…
  3. srim

    糖質制限

    30年間痩せなったあなた~強い味方~
  4. アラサーの悩み

    これだけは気をつけろ!~時間を無駄にしない合コン男の選び方~
  5. marry

    負け組 美女 と 勝ち組 狼

    他人の幸せを見る奴は不幸になる!?
PAGE TOP